FAQ

株式会社写研および写研書体について、
よくお問い合わせいただく内容とその回答を掲載しています。

  • 写研書体のデジタルフォントを販売する予定はありますか?

    2021年1月、株式会社モリサワと写研書体のOpenTypeフォント共同開発事業に合意し、2024年の提供開始に向けて現在、準備を進めております。

  • 写研書体を利用したいと考えています。現在、出力可能な会社はありますか?

    当社のシステムを利用した出力サービスをご紹介できる会社は以下の3社となります。

    • 株式会社 タイプアンドたいぽ
      ed@typo1.co.jp
    • 株式会社 新藤慶昌堂
      03-3235-5561(大代表)
    • 株式会社 カード・アンド・メディア
      06-4800-0010
      sales@cardandmedia.co.jp

    出力可能な書体・費用・納期などの条件につきましては、各社へお問い合わせのうえ、ご依頼いただきますようお願いいたします。なお、当社では印字等の出力サービスは行なっておりませんのでご了承ください。

  • 電算写植機を使用しています。今後も利用可能でしょうか?

    現在、電算写植機をご契約いただいているお客さまへの修理、サポートは今後とも継続してまいります。

  • 手動写植機を所有しています。修理やサポートをお願いすることはできますか?

    手動写植機は販売終了から長期間が経過しており、保守部品の提供も終了しているため、2021年現在、修理およびサポートは行なっておりません。

  • 過去に写研が発行していた書籍や見本帳、文字盤はいまでも購入することはできますか?

    現在、見本帳・書籍・文字盤など販売は行なっておりませんが、当社製品・書体の歴史などアーカイブサイトにて閲覧いただけるよう現在準備を進めております。

  • 写植や書体について調べています。過去に発表した写植機や書体、資料を見学、閲覧することはできますか?

    当社製品・書体の歴史などアーカイブサイトにて閲覧いただけるよう現在準備を進めております。

  • 過去の活動や、今後の方針等について問い合わせや取材は受け付けていますか?

    当社では現在、直接のお問い合わせや取材をお受けしておりません。過去の情報についてはアーカイブサイトにて、今後の情報については、本サイトにてお知らせをいたしますので、何卒ご了承ください。

  • 写植機の移動や運搬をお願いすることはできますか?

    写植機の移動サポートサービスは行なっておりません。大変お手数ですが、お客さまご自身でのご対応をお願いいたします。

  • 不要になった写植機等、写研製品の引き取りはお願いできますか?

    当社では引き取り作業は行なっておりません。写植機等を廃棄処理する場合、産業廃棄物扱いとなるため、各地域の産業廃棄物取扱い業者へお問い合わせください。

    なお、レンタルパック契約の電算写植機につきましては、レンタルパック契約終了のお手続きが必要となりますので、担当までご連絡をいただきますようお願いいたします。